ドゥーンズベリー

| 未分類 |

主人公のマイケル(マイク)・ドゥーンズベリーは、トゥルードーが自分をモデルにしたキャラクターで、タイトルもここから取られている。主人公の名前は1960年代のプレップスクールのスラングで、「バカに見えることを恐れない者」という意味を持つ”ドゥーン”と、そのあだ名をつけられていたルームメイトのチャールズ・ピルズベリーによる。

この漫画は、1968年9月、イェール大学の学生新聞である『イェール・デイリー・ニューズ』に初めて登場した。イェール大学では、この新聞は「ブル・テールズ」と呼ばれ、地域のイベント情報を扱うものだった。しかし、1960年代後半に編集長を務め、のちにアメリカの連邦通信委員会の議長になったReed Hundtは、「私たちはなんでも載せた」と、『デイリー・ニューズ』が漫画の掲載についても柔軟な方針を持っていたと言う。

現在のフランスに相当する地域は、紀元前1世紀まではマッシリア(現マルセイユ)などの地中海沿岸のギリシャ人の植民都市を除くと、ケルト人が住む土地であり、古代ローマ人はこの地をガリア(ゴール)と呼んでいた。

ゴールに住むケルト人はドルイドを軸に自然を信仰する独自の文化体系を持っていたが、政治的な統一は存在しなかった。紀元前219年に始まった第二次ポエニ戦争では、カルタゴ帝国の将軍ハンニバルが南フランスを抜けてローマ共和国の本拠地だったイタリア半島へ侵攻したが、ゴールには大きな影響を与えなかった様だ。

採血実習

| 未分類 |

伊賀市四十九町の同市立上野総合市民病院で、ナースのためのカムバックセミナーが開かれました。看護師復帰を考えている方々が熱心に採血の実習などに取り組んでたそうです。

 

同病院の看護部長が、看護師の理念や、新たに導入した電子カルテの使い方などの基本を改めて説明。

重要になっている感染症対策などを重点的に講義し、採血シミュレーション器で採血や点滴も実習したそうです。またこれから救急蘇生や医療安全の講義を受け実習を行うとのこと。

 

受講生の1人で結婚、出産で約2年のブランクがあるTさんは「久しぶりの採血で戸惑ったが、少しずつ思いだしてきた。なんとか復帰できそう」と話しています。

実際、このようないわゆる「潜在看護師」と呼ばれる人は今とても多いですからね。現場復帰したいけどブランクが…なんて人には、勘を取り戻すいい機会になるのではないでしょうか?勘も戻れば自信も戻りますからね。

 

もしも転職や復職を考えている看護師の方がいらっしゃるようでしたら、インターネット等で探してみてはいかがでしょうか?転職に成功するとお祝い金がもらえるサイトもあるそうなので、是非利用してみてください。

夢遊病の危険

| 未分類 |

睡眠薬を飲んで眠った後に、本人の記憶がないまま車を運転したり徘徊したりする「夢遊症状」が出る恐れがあるとして、厚生労働省は12日までに、国内で医師が処方するすべての睡眠薬について、使用上の注意を改め、注意喚起を強めるよう製薬会社に指示した そうです。

元々、年配の方がなりやすい夢遊症状ですが、本人は覚えていない事から大変危険ですよね。

いくら眠れないからといって、睡眠薬には頼らない方が無難ですね。必ず解決策はある筈です。

睡眠薬の危険性について、考えるべきですね。

人工的な酵素

| 未分類 |

酵素やそれ以外の科学の分野での研究が進められてきている現代では、酵素の構造を変えることで人工的に酵素を作り出せるのではないかという試みが進められています。

その方法も様々あるようですが、大きくわけると2種類あり酵素タンパク質自体を変える方法と超分子化合物というものから作る方法で行われているようです。

酵素タンパク質を変えていく方法は、1980年代から研究されていて、バイオテクノロジーの一環として扱われています。

はじめは別々の種族である生き物同士に共通している酵素の中で同じところが多い部分とそうでない部分があることがわかったことから配列を変化させていく方法が取られていました。

コンピューターの進化とともに、実際にタンパク質を一つ一つ測定することなく、シュミレーションによってコンピューター上で結果を予測できるようになってからは研究も大きく進み遺伝子情報からもアプローチできるようになってきています。2008年には実際に機能する酵素ができたという報告もあります。

その酵素を使ったダイエットですが、酵素ダイエットの効果が知りたい方は色々調べてみると良いでしょう。

厚生労働省は、在宅療養中の患者宅で薬剤師ができる業務を拡大させる省令改正案を公表しています。

 

具体的には、処方医の同意の下、医薬品の量を減らして調剤できるようにするもの。

現在は、患者宅で薬剤の飲み残しを見つけて調剤量を減らす場合には、原則として薬局に一旦戻って変更しなければならず、制度の見直しを求める声が現場から上がっていたそうです。

今年の4月から適用されるかもしれないそうですよ。

 

確かに一度薬局に戻らなければならないって、不思議ですよね。訪問などを行って「あ、飲む量変わってるな。」と思ったらその場で提案して変えたりした方が効率いいですもんね。

わざわざ薬局行って変更してーなんてやってたら手間もかかるし患者さんもめんどうですよね。

これで薬剤師さんのできることがどんどん広がりますよね。今人気の職業ですし、良いことではないでしょうか。

もしもこの中に、転職や復職を考えている薬剤師がいらっしゃるようでしたら薬剤師 求人で検索して探してみてはいかがでしょうか?

看護師の方が転職しようかどうか迷っている際に、看護師専門の転職サービスを利用するケースがあります。
でも、利用してしまったら必ず転職しなければいけないのかと考えると気が重い、という方もいらっしゃるかもしれません。

色々と看護師転職サービスを見ていくと、親身になってくれるアドバイサーが沢山居る事に気づきます。

転職したい思いがあるものの、「退職を考えている」ということをなかなか上司に言えない、という看護師の方に、あるアドバイサーの方は、移動の希望を出してみたらどうか、というアドバイスをしました。

その通りに実行したところ、主任が色々と悩みを聞いてくれ、転職しなくても今の職場で頑張る事ができたそうです。

そうした事例も多くありますので、どの様に転職サービスを利用するか、マイナビ看護師 口コミを参考に考えてみると良いかもしれません。

歌手でタレントのmisonoさんがイベントに登場し、トークショーとミニライブを行いました。

去年に引退宣言をしてから初めて報道陣に姿を見せましたが「今年は女優業、バラエティー、ライブと引き続きやっていく」と引退宣言を撤回しました。

なんでも事務所からお叱りがあったそうです。その後も報道陣からは引退についての質問があったそうですが「事務所に怒られるので」ということで答えてくれなかったそうです。

 

えーと、ほんとに引退する気あったんでしょうか?本当に引退しようと思って発言をしたのなら、事務所が止めても引退するはずですよね。

こんなんじゃまたいつかぽろっと引退するなんて言いそうですよね。

 

事務所にやらされてるのか、注目をひきたくて引退宣言したけど誰も注目してくれなかったから取りやめ、とかどっちかですかね。

まぁ良くても悪くても名前はこれで知れたんじゃないでしょうか?

また一から頑張っていただければ。

2013年の書籍・雑誌の推定販売額は前年比約3%減の1兆6823億円で、9年連続で前年を下回ったと発表がありました。

 

書籍のミリオンセラーは村上春樹著「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」、近藤誠著「医者に殺されない47の心得」、渡辺和子著「置かれた場所で咲きなさい」の3作だったそうです。

同研究所は「売れ行きが一部に集中し、売れる本と売れない本の二極化が顕著になった」と分析しているそうですが。

 

いやいやそれ以外にも理由あるでしょう。

それはやっぱり電子書籍だと自分は思います。電子書籍専用のタブレットとかありますからね。しかも電気屋だけじゃなくて本屋にも置いてありますよ。

電車の中でも、前は本を読むサラリーマンや学生は沢山いましたが、今はみんなスマホを片手にメールやネット…。

それに話題になる作品も高いんですよね。ハードカバーだと1冊3000円とか普通にしますもん。

 

これからも前年割れは続くと思いますよ。

女性ホルモンは攻撃性を高める?

そのような発表がありました。

2匹のウズラのオスをかごに入れ、一方の脳に女性ホルモンを注入。10億分の1グラムと極めて少量だが、注入を受けたオスは攻撃回数が2倍以上になってしまったそうです。

説明によると「脳には本能をコントロールする視床下部という器官があります。ここに濃度の低い女性ホルモンを投与したら、片方のウズラに頻繁にケンカをしかけるようになったのです」とのこと。

 

でも確かに、疲れている女性とかはちょっとした言い合いでカッとなることがあったりしますよね。

後は、注入しているか分かりませんが、今テレビに出ているオカマタレントと呼ばれる方々も、やたら毒舌だったりよく声を荒げてたりしますよね。ちょっと怖いです。

 

ただし、今回の実験では同じオスに注入する女性ホルモンの濃度を高めると、オスはほとんど攻撃しなくなったそうです。

不思議ですね。でも人間でも、おっとりしていたり落ち着いている女性が怒ったりする所とか見たことないです。

そういう女性ほど怒ると怖いとよく聞きますが…。