ロングテールの使用法

ロングテールを語る際には「ヘッド」と「テール」という言葉が使われる。
厳密に言うとロングテールにおける「ヘッド」とは現存する最も大きな小売店に置いてある商品の集合体を指し、「テール」とはそれ以外の商品を集合体として呼ぶ際に使われる。
本の分野だと最も巨大な店舗に置いてある商品の売り上げ上位から下位全てがヘッド部分に属しそれ以外はテールに属しているということになる。
これはロングテールがオンライン小売店の特徴的なビジネスモデルを説明するために使われ始めた点と符合する。
しかし「ヘッド」はしばしばヒット作や多くの人たちが知っている作品・ブログ等を呼ぶ際に使われ、テールはそれ以外を指す際にも使われることがある。
またパレートの法則から上位20%をヘッド、下位80%をテールと呼ぶこともあるがこれはそもそもの言葉の定義上必ずしも正確な使用法ではない。

サングラスの派生的な活用

本来は外出時に着用されることを想定した製品だが、目元が隠れるという付随効果があるため、夜間や屋内であっても、目元に傷を負っていたり眼病を患っていたりする人などが外観を整える目的で着用したまま過ごす場合もある。
また、目元を隠すことで人相を判別しがたくしたり見る者に威圧感を与えたりできるので、日本では著名人が他人の注目を集めたくない場面で掛けることも多い。
その他、バブル期を中心に暴力団関係者が好んで着用したため、映画や漫画、ゲームに登場するヤクザやマフィアは記号的な表現としてサングラスを着用したスタイルで登場する例が多い。