世界の言語をカタカナ化したユニークな辞典

世界中の様々な言葉を日本人が声に出して読み、カタカナ表記できるようにすることをこだわったユニークな辞典「世界の文字辞典」が出版されたそうだ。公用語を中心に世界約80語について、音読や表記のポイントを言語の専門家でなくても理解できるよう、可能な限りやさしく解説しているとのこと。
「ギョエテとは俺のことかとゲーテ言い」という川柳があるほど、発音が難しい外来語をどう読むかは日本人にとって永遠の課題だ。ゲーテでも定着するまで、ギョエテ、ギョーツ、グーテ、ゲエテなど数十種類ものカタカナ表記があったという。
今回出版された辞典はこうした事情を受け、現代日本人が様々な場面で出合うことが想定される約80の言語で書かれた人名や地名などを、その国の言葉を知らなくとも声に出して読み、カタカナ表記できるよう出来るだけ平易に解説することを狙ったとのこと。読みのポイントとして、英語は「母音はローマ字読みできないことが多いので要注意」、アラビア語は「28文字からなり1字1字で母音をつけながら右から左に読む」とし、言葉の基本的な背景や文字情報、音韻体系、カタカナ転写へのヒントなどを紹介しているそうだ。基本的な知識だけでは到底読めそうにない言語が大半だが、世界中の言語のカタログとしても楽しめる内容になっているそうだ。定価は1万円。実用的な辞典というよりは、世界の言語を知る楽しみや外国語に興味を持つきっかけになりそうな一冊だ。