バスクリン「日本の名湯」開発秘話

1930年に発売されて以来、多くの入浴剤ファンに支持されている芳香浴剤「バスクリン」。
一度は使ったことがあるという人も多いのではないでしょうか。
バスクリンとともに、株式会社バスクリンの看板商品ともいえるのが温泉入浴剤「日本の名湯」シリーズです。
1986年の9月に発売されて、来年で30年目になります。
1980年代前半まで、入浴剤市場はバスクリンのほぼ独壇場でした。
そんな中、1983年にライバルメーカーがお湯につけると炭酸ガスが発生する炭酸入浴剤を発売しました。
顧客を大きく奪われるということはなかったが、入浴剤市場全体が大きく広がったのです。
そこで経営サイドは、市場のさらなる拡大を狙って新しいものをつくる方針を打ち出して、それまで存在しなかった本格的な「温泉入浴剤」の開発に着手しました。
自宅で気軽に温泉気分が味わえる「バスクリン」。約30年という歴史の中に様々な開発のドラマがあったんですね。