Chromeそっくりの悪質ブラウザ

ユーザーが気づかないうちにGoogle Chromeに成り代わってしまう「eFast Browser」というブラウザについて、海外のセキュリティブログが注意を呼び掛けている。「eFast Browser」の機能は挙動などは基本的にGoogle Chromeとほぼ同じ。アイコンもそっくりで使い勝手も変わらないため、気づかないまま使っている人もいると指摘されている。
特に悪質なのは、ユーザーのPCにすでにChromeがインストールされていた場合、自動でデフォルトブラウザを変更し、Chromeとすり替わってしまう点だ。その際、タスクバーやデスクトップに合ったChromeのショートカットもすべて削除してしまうという徹底ぶり。またhtmlやjpgといったファイルへの関連付けも自動で書き換えられてしまうそうだ。
「eFasta Browser」が悪意のあるソフトかどうかはまだ断定されていないが、注意喚起元のサイトでは、無断でユーザーの情報を収集するなど不審な動きをしている可能性も示唆されている。主な感染経路としてはフリーソフトなどにバンドルされていることが多く、うっかり一緒にインストールしてしまわないように注意が必要とのこと。
まだ実害は出ていないようだが、感染していないか確認する方法、感染してしまったらどうすればいいのかなど対処法が気になるところだ。