バービー人形が一般体型で刷新

バービー人形といえば、抜群のプロポーションを誇るアメリカの着せ替え人形である。
日本では着せ替え人形というとリカちゃんはバービーの二択だろうし、女の子ならどちらとも遊んだことがあるだろう。一般中学生の体型のリカちゃんとくらべ、何もかも違うバービー。顔のパーツ、非現実な体型、バービーは白人美人の理想的な姿だ。
このバービー、新たに「長身」「小柄」「ふくよか」の3体形が刷新されるという。
バービー人形の製造元、米玩具メーカーのマテルは28日、「非現実的なまでに完璧なプロポーションという56年間続いた伝統に終わりを告げ、新たな体形のバービーたちをそろえた」と発表した。
バービーのシリーズ「ファッショニスタ」からは従来のものと、新型が3つ、計4つの体形の人形が用意されるという。肌の色が7種類、瞳が22色、髪形が24種類と種類豊富だ。
マテルの副社長兼グローバルゼネラルマネジャーであるイブリン・マゾッコ氏は「私たちには少女や親たちに幅広い美の観点を示す責任がある」と語ったという。
バービー人形の売り上げは減少傾向にあり、2015年上半期では16%減となっていることから、新体型のバービー人形による売り上げ増加が期待されているそうだ。
実物をぜひ見てみたいので、これからの情報公開に期待したい。