天気大荒れ

開花が例年より遅くなった桜だが、見ごろを迎えて早々に暴風雨で散ることになりそうだ。
7日は、西日本から東海にかけ雷を伴った激しい雨が降るかもしれない。雨量過多による浸水、河川の増水、土砂災害、激しい風、落雷などに注意する必要がある。また、長崎県対馬市厳原町では最大瞬間風速が30メートルを超え、高波の警戒も必要だという。
前線を伴った低気圧は、発達しながら東北東に進むと予想され、南から暖かく湿った空気が流れ込む。時間帯は昼過ぎから夜遅くにかけてとみられ、西日本から東海地方にかけて、天気が荒れそうだ。
特に近畿中部では昼前から昼過ぎにかけて暴風に警戒、また東海地方では、昼前から夜遅くにかけて雷を伴い激しい雨の降るという。
週末は天気が良いらしいが、葉桜になってしまいそうだ。