チャンドラセカール・ラマン

タミル・ナードゥ州のティルッチラーッパッリ生まれ。
アーンドラ・プラデーシュ州のヴィシャーカパトナムで育つ。
マドラス管区大学で学び、1917年にコルカタ大学の教授となる。
そこで、光学の研究を行った。
インド本国で研究したインド人研究者としては初めてのノーベル賞受賞者であり、インド人としても有色人種としても1913年にノーベル文学賞を受賞したタゴールに次ぐ受賞者となった。
1934年にインド理科大学院の学長となった。
1957年にはレーニン平和賞を受賞する。
1983年にノーベル物理学賞を受賞したスブラマニアン・チャンドラセカールの叔父にあたる。