ルイ・アレクサンドル・ベルティエ

フランス革命が勃発すると、国王ルイ16世によってヴェルサイユ国民衛兵の参謀長に任命され、同時に少将に昇進した。
1791年にはルイ16世の叔母の国外逃亡を手助けしている。
こうした王との深い関係のため、8月10日事件後、軍務を解任された。
しかし、フランス革命戦争が進行中であり、有能な士官が求められていたため、まもなく復帰した。
はじめニコラ・リュクネール元帥の参謀長に任命され、その後、デュムーリエ、ケレルマンの下で働いた。