神無月

旧暦10月は全国の八百万の神々が出雲の国に集まる月。

神無月の語源は神を祭る月であることから、「神の月」であるという説が有力であるとされ、「無」は「水無月」と同じく「の」を意味する格助詞「な」である。

中世の俗説では、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったという説があり、出雲国(現在の島根)では反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれている。なお、その説においても、留守神という性格をもつ神もおり、すべての神が出雲に出向くわけではない。

出雲大社に神が集まるのは、一般には縁結びの相談のためとされている。そのため、かつて佐渡には10月の縁談を避ける風習が、北九州では神が出雲に向かう日と帰ってくる日には未婚の男女がお籠りする風習があった。

その他の説では、「雷無月(かみなしづき)」が転じたという説や、新穀で酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じたとする説がある。