サングラスの派生的な活用

本来は外出時に着用されることを想定した製品だが、目元が隠れるという付随効果があるため、夜間や屋内であっても、目元に傷を負っていたり眼病を患っていたりする人などが外観を整える目的で着用したまま過ごす場合もある。
また、目元を隠すことで人相を判別しがたくしたり見る者に威圧感を与えたりできるので、日本では著名人が他人の注目を集めたくない場面で掛けることも多い。
その他、バブル期を中心に暴力団関係者が好んで着用したため、映画や漫画、ゲームに登場するヤクザやマフィアは記号的な表現としてサングラスを着用したスタイルで登場する例が多い。