ドラフト

毎年10月に行われるのがドラフト会議。

今年注目の選手は済美高校の安楽智大投手である。

安楽投手を1位指名したのは、楽天とヤクルトスワローズの2球団。

抽選の結果、交渉権を獲得したのは、楽天。

大久保新監督が見事引き当てた。

昨年の春のセンバツ甲子園で5試合772球の熱投の末に準優勝。

昨夏には最速157キロの剛速球をマークした怪物右腕は、

9月2日に他界した上甲正典監督と入学時に交わした

「ドラフト1位」の約束を見事に果たした。

楽天が交渉権を獲得した瞬間は、笑みをうかべ、ほっとした様子が印象的だ。

来年の野球界は監督人もがらりと変わり、どんな熱戦が繰り広げられるか、今から楽しみだ。

 

神無月

旧暦10月は全国の八百万の神々が出雲の国に集まる月。

神無月の語源は神を祭る月であることから、「神の月」であるという説が有力であるとされ、「無」は「水無月」と同じく「の」を意味する格助詞「な」である。

中世の俗説では、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったという説があり、出雲国(現在の島根)では反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれている。なお、その説においても、留守神という性格をもつ神もおり、すべての神が出雲に出向くわけではない。

出雲大社に神が集まるのは、一般には縁結びの相談のためとされている。そのため、かつて佐渡には10月の縁談を避ける風習が、北九州では神が出雲に向かう日と帰ってくる日には未婚の男女がお籠りする風習があった。

その他の説では、「雷無月(かみなしづき)」が転じたという説や、新穀で酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じたとする説がある。

ロングテールの使用法

ロングテールを語る際には「ヘッド」と「テール」という言葉が使われる。
厳密に言うとロングテールにおける「ヘッド」とは現存する最も大きな小売店に置いてある商品の集合体を指し、「テール」とはそれ以外の商品を集合体として呼ぶ際に使われる。
本の分野だと最も巨大な店舗に置いてある商品の売り上げ上位から下位全てがヘッド部分に属しそれ以外はテールに属しているということになる。
これはロングテールがオンライン小売店の特徴的なビジネスモデルを説明するために使われ始めた点と符合する。
しかし「ヘッド」はしばしばヒット作や多くの人たちが知っている作品・ブログ等を呼ぶ際に使われ、テールはそれ以外を指す際にも使われることがある。
またパレートの法則から上位20%をヘッド、下位80%をテールと呼ぶこともあるがこれはそもそもの言葉の定義上必ずしも正確な使用法ではない。

サングラスの派生的な活用

本来は外出時に着用されることを想定した製品だが、目元が隠れるという付随効果があるため、夜間や屋内であっても、目元に傷を負っていたり眼病を患っていたりする人などが外観を整える目的で着用したまま過ごす場合もある。
また、目元を隠すことで人相を判別しがたくしたり見る者に威圧感を与えたりできるので、日本では著名人が他人の注目を集めたくない場面で掛けることも多い。
その他、バブル期を中心に暴力団関係者が好んで着用したため、映画や漫画、ゲームに登場するヤクザやマフィアは記号的な表現としてサングラスを着用したスタイルで登場する例が多い。

コロムビア・ライト

コロムビア・ライトは、日本の漫才師、漫談家。落語芸術協会所属。
社団法人あゆみの箱常務理事。
本名、鳥屋 二郎。
東京都港区出身。
声帯模写漫談家柳家三亀松の弟子柳家亀次としてデビューし、後にコロムビア・トップライトの2代目ライトとして活躍。
トップの議員転出に伴うコンビ解消後も、漫談や司会などで活躍。
ヘビースモーカーがたたり喉頭癌を患い、声帯を摘出し一時は声を失うが、食道を振動させる発声法を会得。
その後は「ガンファイターズ」などのコンビでの医療漫才や、癌・煙草・禁煙に関する講演活動を精力的に行なった。

スヴェン・ヘディン

1899年から1902年にかけて、タリム盆地および中部チベット湖沼地方の北部を探検した。
その間、1900年に古代都市楼蘭の遺跡と干上がったロプノールの湖床を発見し、よく知られている「さまよえる湖」説を唱えるに至った。多くの文書・遺物を取得してカラコルム山脈を越え、レー・カシュミールに出て、再びカラコルム峠を越えてカシュガルに至り、フェルガナのアンディジャンに到着、ロシア経由で帰国した。
1905年、ペルシアからインドに入り、レーから西北チベットに侵入、中央チベット湖沼地帯を探検してインダス川、サトレジ川、ブラマプトラ川の水源地方を調査。
シガツェに至ってパンチェン・ラマの歓迎を受けた。
サトレジ川の河源およびヒマラヤ山脈の北にあってこれと平行し、カラコルム山脈に連なるトランス・ヒマラヤ山系の発見は、この調査旅行で最も意義ある業績である。

天神祭

天神祭は、全国の天満宮で催される祭り。
祭神の菅原道真の命日にちなんだ縁日で、25日前後に行われる。
一年のうち1月の初天神祭など、ある月に盛大に行われることがある。
各神社で行われる天神祭の中では、大阪天満宮を中心として大阪市で行われる天神祭が有名である。
以下より大阪天神祭のことについて記述する。
日本三大祭の一つ。
また、生国魂神社の生玉夏祭、住吉大社の住吉祭と共に大阪三大夏祭りの一つ。
期間は6月下旬吉日から7月25日の約1ヶ月間に亘り諸行事が行われる。
特に、25日の本宮の夜は、大川に多くの船が行き交う船渡御が行われ、奉納花火があがる。
大川に映る篝火や提灯灯り、花火などの華麗な姿より火と水の祭典とも呼ばれている。
他に鉾流神事、陸渡御などの神事が行われる。
24日宵宮、25日本宮。

転勤族

大企業に勤める上で、避けたくてもなかなか避けられないのが転勤だ。
転勤先でいい成績を上げると本社のある大都市に戻されることがある。
ただし、優秀な成績を上げていても地方支店の成績の後退や社内の地方支店の格、社内のキャリアによっては栄転で地方に転勤することもある。
会社の中ではステータスがある程度高いものが多いが、稼ぎとは別に社宅、寮、公務員住宅や賃貸アパートやマンション暮らしの人が多い。
これは、いつまた転勤を言われるかわからないという点や、本社のある大都市に戻りその時点で家を買いたいという意向、日本は家を買う文化という志向がある。

池波正太郎

1923年1月25日、東京市浅草区聖天町に生れる。
父・富治郎は日本橋の錦糸問屋に勤める通い番頭、母・鈴は浅草の錺職・今井教三の長女で、正太郎は長男であった。
この年、関東大震災が起こり、両親とともに埼玉県浦和に引越し、6歳まで同地で過ごす。
やがて、両親は東京に転居。正太郎は根岸小学校に入学する。
商売の思わしくなかった富治郎は近親の出資によって下谷上根岸で撞球場を開業するも、両親不和のためこの年に離婚した。
正太郎は母に引き取られて浅草永住町の祖父の家に移り、学校は下谷の西町小学校に転入した。
祖父・今井教三は御家人の家に養子入りした職人気質・江戸っ子気質の人物で、忙しい母親に代わって正太郎をかわいがった。
この時期、母は働きながら今井家の家計を支え、一時正太郎を預けたまま再婚をしたが、不縁となり、実家に戻った。
この二度目の結婚によって、正太郎には異父弟が一人できた。
小学校時代の正太郎は図画を好んで将来は鏑木清方の弟子となることを夢見る一方、チャンバラものの映画と少年向け小説を大いに好み、小遣い銭で買い食いを楽しんでいた。

鈴木商店

1874年、兵庫の弁天浜に川越藩の鈴木岩治郎が、当時番頭をしていた辰巳屋ののれんわけで鈴木商店を開業する。
1886年、のちに鈴木商店を支える金子直吉が鈴木商店に丁稚奉公に入る。
順調に売上を伸ばし神戸八大貿易商の一つに数えられるようになる。
しかし、1894年に鈴木岩治郎が死去。
廃業の提案をよそに夫人の鈴木よねが金子直吉と柳田富士松の両番頭に委任し事業を継続する。
その直後、金子は樟脳の取引で損失を出す。
しかし、鈴木よねはそのままの体制で経営を続ける。