檀君紀元

韓国では、独立後の1948年9月25日に檀紀使用に法的根拠を与え、公式な場で使用を開始した。
しかし1961年12月2日に朴正煕が年号廃止の法令を制定、1962年1月1日からは公式な場での使用が禁止され、公文書では西暦が使用されるようになった。
それ以降檀君紀元は公式な場で使われることはないが、一部の韓国のメディアは西暦と併記する形式で表示を続けている。
一般の韓国人はこれを誇りとしており、韓民族は半万年の歴史があると称することがよくある。

シチュエーション・コメディ

このスタイルのコメディは、イギリスにおいてラジオドラマの一ジャンルとして普及していたが、現在ではテレビドラマとして盛んに作られている。
世界各国で作られているが、特にアメリカでの制作が盛んである。
現在、アメリカのテレビドラマの一大ジャンルとなっている。
アメリカのテレビ局ではコメディ番組を集中編成することが主流となっており、たとえば1990年代から2000年代にかけてアメリカのテレビ局NBCは、キャッチコピー「Must See TV」のもと、視聴者が一番多い木曜日の夜にシットコム4作品を編成していた。
アメリカでは9月から翌年5月までの期間に新作を放送する慣例があり、人気作品は1年間に20数本制作される。

トニー・ブレア

スコットランドのエディンバラ生まれ。
父親レオは法廷弁護士、ダラム大学法学講師などを務め、保守党の下部機関「ダラム保守協会」の会長も務めた。
彼は、オーストラリアのアデレードやイングランドのダラムで幼年期のほとんどを過ごす。
ブレアが10歳のころ、父親レオは心臓発作で倒れてしまう。
「スコットランドのイートン校」として知られるエディンバラのフェテス・カレッジを1971年に卒業。
そこでの人間関係で、後に彼が大法官に任命することになるチャールズ・ファルコナーに出会った。
ただし、ファルコナーは、グレナールモンドのトリニティ・コレッジ出身。フェテス・カレッジは校則の厳しい学校であったが、ここでのブレアはよく規則を破る問題児であった。

チャンドラセカール・ラマン

タミル・ナードゥ州のティルッチラーッパッリ生まれ。
アーンドラ・プラデーシュ州のヴィシャーカパトナムで育つ。
マドラス管区大学で学び、1917年にコルカタ大学の教授となる。
そこで、光学の研究を行った。
インド本国で研究したインド人研究者としては初めてのノーベル賞受賞者であり、インド人としても有色人種としても1913年にノーベル文学賞を受賞したタゴールに次ぐ受賞者となった。
1934年にインド理科大学院の学長となった。
1957年にはレーニン平和賞を受賞する。
1983年にノーベル物理学賞を受賞したスブラマニアン・チャンドラセカールの叔父にあたる。

レイドルビー

オレゴン州ポートランド出身。
1949年、アンペックス社に入社し、ビデオテープ技術の開発に参加する。
1960年にイギリスにわたり、ケンブリッジ大学に留学する。
ペンブルック・カレッジ研究員を経て独立し、1965年にドルビーラボラトリーズを設立した。
映画などで採用されるサラウンドステレオシステム「ドルビーサラウンド」の開発を手掛け、アカデミー賞をはじめとした数多くの映画や音楽のコンクールにおいて、音響技術賞を数多く受賞した。
晩年はアルツハイマーと急性白血病の症状を訴えていた。

ルイ・アレクサンドル・ベルティエ

フランス革命が勃発すると、国王ルイ16世によってヴェルサイユ国民衛兵の参謀長に任命され、同時に少将に昇進した。
1791年にはルイ16世の叔母の国外逃亡を手助けしている。
こうした王との深い関係のため、8月10日事件後、軍務を解任された。
しかし、フランス革命戦争が進行中であり、有能な士官が求められていたため、まもなく復帰した。
はじめニコラ・リュクネール元帥の参謀長に任命され、その後、デュムーリエ、ケレルマンの下で働いた。

ル・マンの見どころ

ル・マンには保存状態の良い旧市街と、大聖堂がある。
サン=ジュリアン・デュ・マン大聖堂は、市の初代司教であるル・マンの聖ユリアヌスへ捧げられた。
その他、旧市街の古代ローマの残余、河岸のローマ浴場がある。
ちなみにルネサンス時代のル・マンには、ジャック・ペルティエら、プレイヤード派と呼ばれる詩人・文筆家が集った。
フランソワ・ラブレーとピエール・ド・ロンサールは、ル・マンで互いに知り合った。

神戸の転換点

1995年1月17日に発生した兵庫県南部地震による阪神・淡路大震災では市内のほぼ全域で震度7を観測。
市街地と港、道路、インフラは甚大な被害を受けたが急速に復興を遂げ、2005年には国内3番目の市営空港として神戸空港が開港した。
これが大きな転換点となっただろう。
住みやすさの観点で、ECAインターナショナルが世界400余りの都市の、気候、医療サービス、インフラ、安全性、大気品質などの生活水準を調査し発表した「世界で最も住みやすい都市」で、日本の都市で唯一トップ10に入り、世界全体で5位、アジア内ではシンガポールに次ぐ2位に選ばれている。
「神戸」という地名は、現在の三宮・元町周辺が古くから生田神社の神封戸の集落であったことに由来する。
西国街道の宿場町であり北前船の出発地の一つでもあった兵庫津に近く、廻船問屋が軒を並べていた神戸村を指していた。
神戸三社をはじめとする市内・国内にある神社の神事に使うお神酒の生産にも係わり、前述の有馬温泉や神封戸の形成も市名の由来に関係している。
海運においても古くから盛んで、近代には世界の市場にその名を知られるほどに隆盛していった。
以降も貿易・鉄鋼・造船・機械・製造・ゴム・真珠加工・観光等の産業を中心に発展、ファッション・医療・食料品などの産業も近年は盛んである。

変動相場制

後、続いた固定相場制度の時代をブレトンウッズ体制という。
1971年8月15日、米国のニクソン大統領は自国のドル流失を防ぐため、ドルと金の交換停止を発表した。
それを受け、1971年12月通貨の多国間調整と固定相場制の維持が行われた。
しかしこのスミソニアン体制は長続きせず、1973年2から3月に日本を含む先進各国は相次いで変動相場制に切り替えた。
変動相場制は1976年1月ジャマイカのキングストンで開催されたIMF暫定委員会で承認された。
これをキングストン体制という。
この辺りが分岐点になったのだろうか。

呼び名の区別

ジョージ・W・ブッシュの呼称についてアメリカ合衆国では、父のH・W・ブッシュと区別するため、第43代大統領であることから「43」や、ミドルネームを表す「W」、またはテキサス州周辺地域での W の発音から「Dubbya」と呼ばれることもある。
また、歴史的には同姓同名で血縁関係のある人物を区別する際、年長者を「大○○」、年少者を「小○○」と呼ぶので、父を「大ブッシュ」と呼ぶのに対して、息子の方を「小ブッシュ」と呼ぶこともある。
父を「ブッシュ・シニア」と呼び、息子の方を「ブッシュ・ジュニア」と呼ぶ例もある。
上述のように、次弟・ジェブ・ブッシュの長男でもある、W・ブッシュの甥もジョージ・ブッシュだが、ミドルネームがPとなっている。

http://www.tranviadebogota.com/