メキシコ料理

ブームの兆し、メキシコ料理が今熱いんです!
まずは、原宿にオーストラリア発祥の「メキシカンダイナー」が初上陸。「グズマン イー ゴメズ」は現在、オーストラリアを中心に世界で50店舗以上展開していて、ランチ時の行列が絶えないことで有名です。そんな「グズマン イー ゴメズ」がラフォーレ原宿店にオープン。同じレシピを使用していて、本場メキシコのサルサやスパイスを楽しめます。そして、テキサス風のメキシカンフードチェーン店も再上陸します。アメリカの大手ファーストフードチェーンの「タコ・ベル」が、日本で再びチェーン展開します。実はかつて日本にもあった「タコ・ベル」現在はアメリカ軍基地でしか食べることが出来ません。大人も子供も手軽に楽しめるメキシカンフード。あなたも機会があったらぜひ食べてみてくださいね。

家康の名刀が若い女性に人気

愛知県名古屋市東区の徳川美術館が所蔵する徳川家康の名刀「鯰尾藤四郎」が今、若い女性の間で人気を呼んでいるそうだ。刀剣を擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞」に同名の美男子キャラが登場したのがきっかけのようだ。女性のゲームファンから「本物が見たい」との要望が相次ぎ、同館で4月12日まで特別公開しているそうだ。刀は長さ38.5センチで、鎌倉時代中期の刀工・粟田口吉光の作だそうだ。なぎなたとして作られ、豊臣秀頼が愛蔵していたが、慶長20年の大坂夏の陣で大阪城とともに焼けたものを、家康が脇差として打ち直させたとされている。形が鯰の形に似ていることから名付けられたそうだ。刀剣愛好家にはかねてから知られ、同館では定期的に公開されていたが、関心を持つ層は限られていたという。しかし先月14日にDMMゲームズで刀剣乱舞が公開されると、下旬から美術館に「いつ公開しますか」という女性の問い合わせや来館者が急増したそうだ。刀は今夏、家康の企画展で公開される予定だったが、急遽前倒ししたとのこと。公開初日の10日には平日にもかかわらず、朝から多くの20代の女性らが来館し、名刀に見入っていたそうだ。ゲーム「刀剣乱舞」のユーザー数は50万人を突破、現在新規登録ができないほどの人気だそうだ。ゲームの影響で若い女性の間で日本刀ブームが起こるとは驚きだ。

代謝を上げる入浴方法

何松年始のごちそうを食べすぎて、後悔したりしてませんか?
カンタンな方法で代謝を上げる方法、ダイエットの近道!をご紹介します。
毎日、シャワーで済ませてませんか?代謝を上げるにはお風呂につかることが大事になります。
湯船にゆっくりと20分以上つかりましょう。もちろん連続20分ではくて、トータル20分でいいんです!
そして無理のない38℃~40度のお風呂にゆっくりつかることが重要。
お風呂で雑誌を読んだりしてもいいですよね。
つぎに炭酸ガス入りの入浴剤を入れる。炭酸ガス入りの入浴剤は発汗作用があるので効果的です。
好みの香りを選べばリラックス効果もあります。
また、入浴剤ではなく、塩を入れるのも効果的です。塩を入れることによって美肌効果も期待できます。
運動をする前に入浴することもお勧めです。運動をする前に入浴をすることによぅて、身体が温まり、エネルギーを消費しやすくなります。
以上のことを実践して、正月太りを解消しましょう。

R-1グランプリにロボット出場

毎年開催されている、日本一のピン芸人を決める「R-1グランプリ」にこの度、ロボットのペッパー君が出場することが分かった。28日、エントリー受付がスタートし、それに応募する形となった。そもそもペッパー君はピン芸人だったのか?という疑問をどうしても抱いてしまうが、プロモーション活動の一環だろう。ペッパー君は東京の予選に出場の予定。もちろん、この大会にロボットが出場するのは初めてになる。今年は、東京、福岡、名古屋で予選会を行うほか、初めて北海道でも予選が行われる。前回大会では、過去最多の3715人がエントリーをし、「やまもとさん」が優勝を果たした。今回の大会は誰が優勝するのか、ペッパー君は予選を通過することが出来るのか、注目が集まる。

消えたバター

スーパーからバターが消えている。今バターの入荷が困難で、品切れ状態のところが増えているらしい。安いバターは普段の倍、高級バターも3割くらい値上がりしているという。

牛乳やチーズはあるのに、なぜバターだけ不足するのか。原因は国内の生乳生産量の減少だという。国内で生産された生乳の半分は牛乳になる。牛乳は保存性がなく、国民に不可欠な飲料なので最優先されるらしい。牛乳需要を満たしてから生クリーム、チーズに割り当て、最も保存の利くバターや脱脂粉乳は後回しにされる。そのため生乳生産量が減ると、真っ先にバターが消えるのだそうだ。生乳生産量が減ってしまった原因は、猛暑によって乳牛の体力や免疫力が落ち、多くの牛が乳房炎にかかってしまったことが原因らしい。また酪農家も減少していることも背景にあげられるという。

これからクリスマスシーズンに向けてバターが不足すると困るところも多いだろう。どうなってしまうのだろうか?

ドラフト

毎年10月に行われるのがドラフト会議。

今年注目の選手は済美高校の安楽智大投手である。

安楽投手を1位指名したのは、楽天とヤクルトスワローズの2球団。

抽選の結果、交渉権を獲得したのは、楽天。

大久保新監督が見事引き当てた。

昨年の春のセンバツ甲子園で5試合772球の熱投の末に準優勝。

昨夏には最速157キロの剛速球をマークした怪物右腕は、

9月2日に他界した上甲正典監督と入学時に交わした

「ドラフト1位」の約束を見事に果たした。

楽天が交渉権を獲得した瞬間は、笑みをうかべ、ほっとした様子が印象的だ。

来年の野球界は監督人もがらりと変わり、どんな熱戦が繰り広げられるか、今から楽しみだ。

 

神無月

旧暦10月は全国の八百万の神々が出雲の国に集まる月。

神無月の語源は神を祭る月であることから、「神の月」であるという説が有力であるとされ、「無」は「水無月」と同じく「の」を意味する格助詞「な」である。

中世の俗説では、10月に全国の神々が出雲大社に集まり、諸国に神がいなくなることから「神無月」になったという説があり、出雲国(現在の島根)では反対に「神有月・神在月(かみありづき)」と呼ばれている。なお、その説においても、留守神という性格をもつ神もおり、すべての神が出雲に出向くわけではない。

出雲大社に神が集まるのは、一般には縁結びの相談のためとされている。そのため、かつて佐渡には10月の縁談を避ける風習が、北九州では神が出雲に向かう日と帰ってくる日には未婚の男女がお籠りする風習があった。

その他の説では、「雷無月(かみなしづき)」が転じたという説や、新穀で酒を醸す月なので「醸成月(かみなしづき)」が転じたとする説がある。

ロングテールの使用法

ロングテールを語る際には「ヘッド」と「テール」という言葉が使われる。
厳密に言うとロングテールにおける「ヘッド」とは現存する最も大きな小売店に置いてある商品の集合体を指し、「テール」とはそれ以外の商品を集合体として呼ぶ際に使われる。
本の分野だと最も巨大な店舗に置いてある商品の売り上げ上位から下位全てがヘッド部分に属しそれ以外はテールに属しているということになる。
これはロングテールがオンライン小売店の特徴的なビジネスモデルを説明するために使われ始めた点と符合する。
しかし「ヘッド」はしばしばヒット作や多くの人たちが知っている作品・ブログ等を呼ぶ際に使われ、テールはそれ以外を指す際にも使われることがある。
またパレートの法則から上位20%をヘッド、下位80%をテールと呼ぶこともあるがこれはそもそもの言葉の定義上必ずしも正確な使用法ではない。

サングラスの派生的な活用

本来は外出時に着用されることを想定した製品だが、目元が隠れるという付随効果があるため、夜間や屋内であっても、目元に傷を負っていたり眼病を患っていたりする人などが外観を整える目的で着用したまま過ごす場合もある。
また、目元を隠すことで人相を判別しがたくしたり見る者に威圧感を与えたりできるので、日本では著名人が他人の注目を集めたくない場面で掛けることも多い。
その他、バブル期を中心に暴力団関係者が好んで着用したため、映画や漫画、ゲームに登場するヤクザやマフィアは記号的な表現としてサングラスを着用したスタイルで登場する例が多い。

コロムビア・ライト

コロムビア・ライトは、日本の漫才師、漫談家。落語芸術協会所属。
社団法人あゆみの箱常務理事。
本名、鳥屋 二郎。
東京都港区出身。
声帯模写漫談家柳家三亀松の弟子柳家亀次としてデビューし、後にコロムビア・トップライトの2代目ライトとして活躍。
トップの議員転出に伴うコンビ解消後も、漫談や司会などで活躍。
ヘビースモーカーがたたり喉頭癌を患い、声帯を摘出し一時は声を失うが、食道を振動させる発声法を会得。
その後は「ガンファイターズ」などのコンビでの医療漫才や、癌・煙草・禁煙に関する講演活動を精力的に行なった。