トランプ氏にストーンズ曲NG

英人気ロックバンド「ローリング・ストーンズ」は5日までに、米大統領選の共和党候補指名が確定したドナルド・トランプ氏の陣営に対し、選挙戦でのストーンズの楽曲使用を即時中止するよう要求したそうだ。
ストーンズ側は声明で「トランプ陣営に曲の使用許可は与えておらず、全ての使用を直ちにやめるよう求めた」と説明したという。トランプ氏は遊説先で、支持者の熱狂をあおるためにストーンズの代表曲「スタート・ミー・アップ」などを活用しているそうだ。
トランプ氏に対してはカナダ人歌手ニール・ヤングさんや米ロックバンド「R.E.M」、英ポップ歌手アデルさんらも同様に楽曲の使用中止を求めているとのこと。
トランプ氏がそんなに色々な楽曲を使用しているとは知らなかった。許可を得ずに使用しているのも問題だが、なぜイギリスのロックバンドの曲をアメリカの大統領候補が使用するのだろうか…。

天気大荒れ

開花が例年より遅くなった桜だが、見ごろを迎えて早々に暴風雨で散ることになりそうだ。
7日は、西日本から東海にかけ雷を伴った激しい雨が降るかもしれない。雨量過多による浸水、河川の増水、土砂災害、激しい風、落雷などに注意する必要がある。また、長崎県対馬市厳原町では最大瞬間風速が30メートルを超え、高波の警戒も必要だという。
前線を伴った低気圧は、発達しながら東北東に進むと予想され、南から暖かく湿った空気が流れ込む。時間帯は昼過ぎから夜遅くにかけてとみられ、西日本から東海地方にかけて、天気が荒れそうだ。
特に近畿中部では昼前から昼過ぎにかけて暴風に警戒、また東海地方では、昼前から夜遅くにかけて雷を伴い激しい雨の降るという。
週末は天気が良いらしいが、葉桜になってしまいそうだ。

東京マラソン、東京駅ゴールに

およそ3万人を超えるランナーが参加する、大イベントの東京マラソンのゴール地点が、現在の臨海部の東京ビッグサイトから東京駅前に変更されることなりました。
今年で10回目を迎えた東京マラソンは、これまでフルマラソンは、東京都庁前をスタートして、東京の臨海部にある東京ビッグサイトがゴールになっていました。
このゴール地点について、大会を主催する東京マラソン財団は、来年から皇居に近く、また首都、東京の顔である東京駅前の丸の内側に変更することを3月29日に行われた理事会で決定したとのことです。
さらに、その他のコースについても日本橋、両国などといった江戸情緒あふれる町並みを感じられるルートに一部変更をするといいます。

迷子の猫、2000km先で発見

約2000キロを移動したペットの猫が見つかったそうだ。米フロリダ州の地元紙によると、米北部のウィスコンシン州シボイガンで買われていた雌のロシアンブルー「ナディア」が南東部のフロリダ州ネープルズまで移動していたことが分かったそうだ。
直線距離で1259マイルも離れ、東京から日本最西端の与那国島までの距離に匹敵するという。車を利用した場合の推定移動距離は1484マイルに達するそうだ。高速道路を丸1日走って届く距離を、猫がどうやって移動したかはわかっていないという。
シボイガンでは昨年のクリスマスイブに強風が吹き、風で開いた玄関からナディアは逃げ出したという。飼い主のシェリ・ストッカーさんは木陰や茂みの中を探したが見つからず、「ナディアは何も着ていない。外では厳しい冬を越せない」と諦めていたという。ウィスコンシン州の冬の寒さは厳しく、夜間はマイナス20度まで下がるという。
猫発見の電話連絡があったのは約2か月が経過しようとしていた2月22日。ナディアの体についていたマイクロチップの情報から、動物団体が連絡先を見つけたそうだ。ナディアはネープルズ北部の道路脇にいて、地元住民が保護したという。シェリさんは「連絡があった時は驚いた。トラックの荷台に紛れ込んだのでは。暖かいフロリダで休暇を取ったのね」と喜んでいたという。
ナディアはボランティアに連れられ、24日に空路で移動。2か月ぶりに自宅に戻り、暖炉の前で丸まったという。
2000キロも離れた距離まで移動して、よく無事でいてくれた。よかった。

バービー人形が一般体型で刷新

バービー人形といえば、抜群のプロポーションを誇るアメリカの着せ替え人形である。
日本では着せ替え人形というとリカちゃんはバービーの二択だろうし、女の子ならどちらとも遊んだことがあるだろう。一般中学生の体型のリカちゃんとくらべ、何もかも違うバービー。顔のパーツ、非現実な体型、バービーは白人美人の理想的な姿だ。
このバービー、新たに「長身」「小柄」「ふくよか」の3体形が刷新されるという。
バービー人形の製造元、米玩具メーカーのマテルは28日、「非現実的なまでに完璧なプロポーションという56年間続いた伝統に終わりを告げ、新たな体形のバービーたちをそろえた」と発表した。
バービーのシリーズ「ファッショニスタ」からは従来のものと、新型が3つ、計4つの体形の人形が用意されるという。肌の色が7種類、瞳が22色、髪形が24種類と種類豊富だ。
マテルの副社長兼グローバルゼネラルマネジャーであるイブリン・マゾッコ氏は「私たちには少女や親たちに幅広い美の観点を示す責任がある」と語ったという。
バービー人形の売り上げは減少傾向にあり、2015年上半期では16%減となっていることから、新体型のバービー人形による売り上げ増加が期待されているそうだ。
実物をぜひ見てみたいので、これからの情報公開に期待したい。

年末年始のテレビ出演、嵐が1ー5位独占

ジャニーズの人気グループの「嵐」が年末年始に東京キー局で放送されたテレビ番組出演本数で、1~5位を独占しました。
出演番組数は、二宮和也さんが31本、櫻井翔さんが22本、大野智さん、松本潤さん、相葉雅紀さんが21本でした。
調査は、2015年12月28日~2016年1月3日に東京キー局で放送された全テレビ番組を対象に行われました。
出演者ごとに出演番組数を集計して、ランキングにしたものです。
1位の二宮さんは、前年の22本から数字を伸ばし2年連続のトップに輝きました。
2位の櫻井さんも、前年の21本から増やし、2年連続で2位をキープしました。
2016年も、嵐の活躍に期待したいですね。

ツタンカーメンの乳母は実の姉だった?

古代エジプトの王ツタンカーメンの乳母と思われていたマヤが、実は王の姉メリトアテンである可能性が出てきたという。エジプト当局者と仏考古学者が20日、記者会見で明らかにした。マヤの墓の一般公開が来月に迫る中での発表となった。
仏調査チームを率いる仏考古学者アラン・ジビエ氏はAFPに対し「マヤは、アクエンアテンとネフェルティティの娘でツタンカーメンの異母姉にあたる王女メリトアテンに間違いない」と語ったという。
決め手となったのは、ツタンカーメンとマヤの墓の壁に施されたレリーフだという。レリーフには、玉座に腰かけたマヤとその膝に抱かれたツタンカーメンが描かれており、「驚くべきことにツタンカーメンとマヤの顔はそっくりだった。あごや目に親族の特徴が表れていた」とされる。
アクエンアテンの墓にあるレリーフには、ネフェルティティと次女、王女メケトアテンの死を表したもので、この中に赤ん坊に乳を飲ませる乳母が描かれているそうだ。この女性が二人の長女メリトアテンだとジビエ氏は語った。
まだ見つかっていないメリトアテンのミイラについては、ツタンカーメンの墓の隠し部屋にあるかもしれないとエジプトのマムドゥフ・ダマティ考古相は語っている。
英国の考古学者ニコラス・リーブス氏がツタンカーメン王の墓に隠し部屋がある可能性を指摘して以来、「王家の谷」では高性能レーダー探知機による調査が進められており、世界中から注目が集まっている。
母親が早くに亡くなって、実の姉に育てられたということは、母親のような存在だったのかもしれない。調査が進み、メリトアテンのミイラが見つかればまたいろいろなことが分かってくるのだろう。

大阪のアメリカ村にサルが出現

大阪市中央区西心斎橋のアメリカ村で、12月2日の午後サルが現れたと通報があった。5階建てのビルで屋上に入ってしまったらしい。捜索では5階倉庫でサルが発見され、3時間ほど後で麻酔の吹き矢を使用し捕獲された。サルは野生のニホンザルでオス。今後、市の動物管理センターに移送される。
大阪市内では先月末ごろからサルを見たという通報が約40件もあった。大阪市によると、いずれもこのサルではないかという。
サルが捕獲されたビルで働く女性は、「アメリカ村でサルを見るのは初めて、どうしてサルがいるのか」と話していたという。町中に動物が・・・よく聞くニュースである。今回は幸いけが人は出なかったというが、もし町中で野生動物に出くわしても興味本位で近づかず、警察や役所に通報することをおすすめする。

夢叶えたスターウォーズファン亡くなる

末期がんを患い、死ぬ前に大好きなSF映画の超大作「スター・ウォーズ(Star Wars)」シリーズの最新作を見たいとの夢を、死の床で実現させた米テキサス州在住のダニエル・フリートウッドさんが亡くなりました。
妻のアシュリーさんが亡くなったことを10日、明らかにしました。
8~9歳ごろから「スター・ウォーズ」の大ファンだったというフリートウッドさんは、とても珍しい結合組織がんの一種を患ってしまい、今年の7月には医師から余命2か月と宣告されていました。ただ、来月に公開される最新作を見たいという一心で、何とか持ちこたえていると語っていました。インターネット上では、この夢を叶えようと賛同する人が集まり、同シリーズでルーク・スカイウォーカー役を演じるハリウッド俳優マーク・ハミルさん、最新作の「スター・ウォーズ・フォースの覚醒」で主役フィンを演じる俳優のジョン・ボイエガさんの目に留まると、一気に盛り上がりを見せ、そしてついに同作の監督が承諾をし、ダニエルさんの夢が叶いました。

Chromeそっくりの悪質ブラウザ

ユーザーが気づかないうちにGoogle Chromeに成り代わってしまう「eFast Browser」というブラウザについて、海外のセキュリティブログが注意を呼び掛けている。「eFast Browser」の機能は挙動などは基本的にGoogle Chromeとほぼ同じ。アイコンもそっくりで使い勝手も変わらないため、気づかないまま使っている人もいると指摘されている。
特に悪質なのは、ユーザーのPCにすでにChromeがインストールされていた場合、自動でデフォルトブラウザを変更し、Chromeとすり替わってしまう点だ。その際、タスクバーやデスクトップに合ったChromeのショートカットもすべて削除してしまうという徹底ぶり。またhtmlやjpgといったファイルへの関連付けも自動で書き換えられてしまうそうだ。
「eFasta Browser」が悪意のあるソフトかどうかはまだ断定されていないが、注意喚起元のサイトでは、無断でユーザーの情報を収集するなど不審な動きをしている可能性も示唆されている。主な感染経路としてはフリーソフトなどにバンドルされていることが多く、うっかり一緒にインストールしてしまわないように注意が必要とのこと。
まだ実害は出ていないようだが、感染していないか確認する方法、感染してしまったらどうすればいいのかなど対処法が気になるところだ。